住宅に潜む害虫|住宅地に潜む危険とは:ハチ退治を早急に依頼しよう
男女

住宅地に潜む危険とは:ハチ退治を早急に依頼しよう

住宅に潜む害虫

白蟻

安心できる策なのか

シロアリ駆除・退治では防蟻剤の種類の有機リン系が使われてきたものの、散布・噴射による周辺環境への影響から使用が禁止されています。新築より中古住宅のシロアリ対策が必要で、土壌・木材散布の薬剤の選択には注意が必要です。効果の持続期間も約5年を目安と捉え、防蟻処理済みでも油断大敵です。処理は個人では難しく、法人を含め、多くは駆除業界に依頼します。何かにつけて施工を強要される場合には注意が必要で、ポイントになるのは薬剤の種類です。例えば、非有機リン系の薬剤であったり、ヒバ油などの虫除け効果もある天然素材の薬剤を提案することも業者選びのポイントです。天然薬剤も使い方に配慮が必要で、細心の注意を払うためには対策協会での認定薬剤であるのか、目安としてチェックすることも安心できる内容です。

軟らかい木材が好物

音もなく忍びよるシロアリは、基礎や土台を一番に食い荒らし、蟻道をつけながら建物内に侵入します。被害が進むことで柱が下がり、建具の立て付けも悪くなるなど、徐々に被害が進行します。対策としては床材などの材質をリノベーションする方法も1つの手です。シロアリは木材を好物としますが、軟らかい部分を好み、堅い建材は侵食が少ない特徴があります。木材の中で堅さのある種類には、ヒノキ・ヒバ・クリの木があり、こうした建材をお風呂やキッチン、トイレなどの湿気が気になる部分に使うことも対策の1つです。シロアリはゴキブリに分類される害虫で、乾燥や明るくてキレイな環境を苦手とします。リノベーションやリフォームを行う建築途中には、柱のみならず、壁内が結露しやすくなると耐久性にも問題が生じるために窓枠にも着目します。さらに結露によって木材が腐り、ダニやカビなどからシロアリが好む環境が作られてしまうため、防湿性を高める対策が必要と言えます。